Top > 外壁 > 外壁塗料剤の油性と水性

外壁塗料剤の油性と水性

外壁塗装には塗料がいくつもあります。そして、まず水性と油性があることを知っておきましょう。この溶剤の違いとして、希釈剤があります。希釈剤をシンナーにするか水にするか、という違いになります。強溶剤はラッカーシンナー、弱溶剤には塗料用シンナーを希釈材にすることがまず基本になります。これが具体的にどんな違いとなって出て来るのか、といいますと要するに耐久性に影響があります。シリコン塗料であろうとも油性と水性ではだいぶ違うことになります。ちなみに油性のほうが耐久年数としては長いです。最近では、どちらのタイプもそこまで違うことはない、といわれる場合も多いのですが、やはり油性のほうが耐久年数的には優秀でしょう。例えば雪国なんかは水性よりも圧倒的に材質からいって油性のほうがよいでしょう。それが安心して済むために必要な選択といえます。立地状況によって変える、ということも考えてみるようにしたほうがよいでしょう。

エコライフの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?

外壁

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
解体工事では周りの理解も大事(2017年11月12日)
外壁塗料剤の油性と水性(2017年11月12日)
妊活中から葉酸サプリ(2017年11月12日)
ダマスクローズのハンドクリームに代えて体を労わることを始める(2016年11月 2日)
知り合いが行っていたため外壁塗装をしたい(2016年10月 1日)